学校法人 古里学園 大古里育ちの森幼稚園

  • 砂場道具洗いをひばり組と行い、気持ち良く使えるようにしました。名栗キャンプの2日間は、ほぼ雨が降ることなく晴れの日程で楽しんできました。スイカ割り、沢遊び、ドラム缶風呂、キャンプファイヤー、夜のお散歩、みんなでお風呂、ハイキングなど、今までにない体験をしてきました。

  • 七夕飾りの為の笹を森に取りに行き、自分たちで作った飾りをつけました。また、F.P.Dも楽しみ、ボディペインティングでは、自分やお友だちの体にいろいろな色をつけ、楽しんでいました。そして、体育指導では開脚跳びを教えていただき、前向きに少しずつ上達している子ども達です。

  • 今週は3日間だけの登園でしたが、劇団風の子による催し物や避難訓練、誕生会など行ないました。催し物では、手遊びやお話などたくさん笑い、楽しみました。避難訓練では、ホールから避難しましたが、スムーズに真剣に行うことができました。

  • 跳び箱の練習を本格的に行なっていきました。かえる跳びから始めブロック、跳び箱と段階を踏んでレベルアップして練習を行いました。また、ダンスも汗だくになりながら練習をしました。そして、父の日参観では大好きなお父さんと竹げた作りをし、お部屋では冷たい梅ジュースを飲んで頂き、心を込めたプレゼントを渡しました。

  • 北本自然観察公園では水の中の生き物やカタツムリなどを見つけ、虫の名前を指導員さんに聞きながら観察しました。また、桑の実で染め物も楽しみ、みんな布を綺麗に染めることができました。ピアノバイオリンコンサートでは、本物の音色に興味を持ち、歌を歌ったり、リズムをとったりと楽しそうでした。

  • 先週の歯科検診に引き続き、内科検診を行い、自分の体について関心を高めました。跳び箱やかけっこの練習を積極的に行い、だんだんと体力をつけてきております。また、幼稚園のよもぎとドクダミを摘み野草の天ぷらにして、食べました。ドクダミは苦かったようですが、みんなで美味しくいただきました。

  • 母の日参観では田植えを行いました。柔らかい土の上に一生懸命苗を植え、美味しいお米になるよう期待を膨らませました。大好きなお母さんへのプレゼントは全て子ども達が作業し、心を込めて込めて作りました。歌も一生懸命歌い、プレゼントしました。しろかきに引き続きご協力ありがとうございました。

  • 週の始めには代かき体験を行い、泥んこになって土と触れ合い、お父さんお母さんとリレー対決も行いました。カエルやオケラなども虫もたくさん見つけることができました。また、待ちに待ったF.P.Dも友人と水に触れ合い楽しみました。雨の日は、久しぶりにホールで遊んで過ごしました。

  • 唐沢山遠足では、5月の新緑を楽しみました。豊かな自然の中で友人と励まし合いながら最後まで歩き、自信をつけることができました。カヌー遠足では、水の上から自然を楽しみました。桑の実はまだ採れませんでしたが、大きなベビを見る事ができ大満足でした。体育指導では、整列と前転などの指導をしていただきました。

クラスだより【青空組】